全身をきちんと保湿して乾燥からお肌を守ろう

お肌が乾燥するとバリア機能が乱れて、様々な刺激に反応するようになってしまいます。
吹き出物やニキビができやすくなるほか、かゆみや赤みといった肌トラブルに悩まされることになるため、十分に保湿をして刺激からお肌を守りましょう。
顔を洗った後は化粧水で水分をお肌に浸透させたら、乳液やクリームで水分が蒸発してしまわないように蓋をすることが大切です。
もちろん、お風呂上りは美容のためにもボディケアが欠かせません。
ボディ用のローションや乳液、クリームを部位によって使い分けて、しっかり保湿をすることが大切です。
でも、小さいお子さんがいらっしゃる女性は、お風呂上りに時間をかけて保湿ケアができないこともあります。
そんなときは、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が含まれている入浴剤を上手に活用することで、お湯に浸かるだけで全身の皮膚が保湿できます。
香りもリラックスできるものが多く販売されていますので、入浴剤を入れたお湯にゆっくり浸かって、体の隅々まで保湿をしましょう。